やまだのーと。

http://yamadanote.me に移転しました。

恋愛と結婚。いとこに子どもが生まれた話。

今日、従兄弟に第一子となる娘が生まれました。
親族のライングループに写真が投稿され、みんなお祭騒ぎ。
そんな中、母からラインでメッセージが飛んできました。

「早く結婚して。いとこほしい」

このババアは何をほざいてるんだと思いましたが、
おそらく小学6年生の姪っ子が送ってきたものであるというのはすぐにわかりました。

可愛い、可愛すぎるぞこの姪。

「パパ、ママ、弟か妹が欲しい」と言われた親の気持ちがなんとなくわかりました。
でも、ごめんよ、結婚する予定もないし、相手もいないんだ。
結婚願望はあるし、子供も好きなのですが、どちらも相手がいなければどうしようもない話です。

私も今年26歳、結婚してもおかしくないし、周りも割りと結婚しはじめています。
7歳上の兄が結婚したのが19歳の頃。晩婚化は進んでいるようです。
姪も12歳になりました。私が実家を離れた時にはまだ保育園に通っていた彼女も来年は中学生です。
あんなに小さくて可愛かったのに今では身長が165cmもあります。どうしてこうなった。

例えば私が明日出会った女の子と即日結婚して即日妊娠させたとしても、子供が生まれるのは10カ月後。
その頃には姪も12歳の中学生です。それだけ歳が離れていても従兄弟って存在は嬉しいのでしょうか。
私が一番下だからわかりません。


この歳になって、「恋愛って難しいな」と感じています。学生時代はよくあれだけ必死になっていたなと思います。あの頃は目の前の恋に必死で一生懸命に人を好きなっていた気がします。そんな気持のまま結婚できた人たちはきっと、とても幸せなんでしょう。
社会人になると、この歳になると、どうしても結婚って意識します。恋愛するときもかつてのような情熱をもてなくなり、どこか打算的な恋愛をしがちなのかもしれません。
どこかで、もうそれ以外の全てを投げ出しても良いくらい人を好きになることはないだろうと、自分自身の恋愛を諦めてさえいました。
身の回りに素敵な女の子がいなかったわけではありませんが、恋愛は他人事のような感覚。それでもまあいつかどこかで、なんとなーく良いなって思う人と付き合って、なんとなーく好きだなあってなって、なんとなーく結婚することになるんだろうなとそれがきっと自然な流れだろうと思っていました。
だからこそ、ふいに自分が目の前の女性に恋をしていると気付いて、どうして良いかわからなくなって、それこそ本当に学生のころのように好きで好きでしょうがなくて、論理的に物事を考えられなくなって、勢いだけで告白して振られたりするわけですが。
久しぶりにそんな経験をしてしまったせいで、ここ数年頭の中にあったなんとなーくの恋愛計画が前提から覆ってしまったわけです。

そんな時に「早く結婚して」と言ってくる姪っ子はなんと鬼畜なんでしょう。何も知らないって怖い!

身の回りの誰かが結婚したり、親になったりするたびに考えてしまうのですが、最近その頻度が多いのはそれだけ私を含め、周囲も適齢期に近づいているのでしょう。怖い!