やまだのーと。

http://yamadanote.me に移転しました。

ロンドン大規模火災が日本のツイッターでトレンド入りする理由

ロンドンで発生した高層マンションの火災。

ツイッターでトレンド入りしていたので、知りました。

f:id:yamadanote:20170614181341p:plain

6月14日の18時ごろのスクショです。

もちろん、大規模な火災なので話題にも上がってもおかしくないのですが、

なぜ、英国での火災が日本でもここまで関心を持たれるのか、

もちろん、マスメディアの力もありますが、それには大きな理由があると想像します。

日本にも高層マンションが多いから

現在、日本でもタワーマンションと呼ばれる高層マンションが次々に建設されています。

人口集中による縦型の住居拡張が進められていることや、

マンション需要の高騰により、建てれば建てただけ売れるからです。

利便性の高い地区に住みたいというニーズが多く、マンションというスタイルが合った世の中になっています。

それは都市部に行けば行くほど顕著な傾向です。

だからこそ、日本でも高層マンションに住む人は多く、

「もし、自分の住むマンションで火災が発生したら?」

と考えてしまうわけです。

高層マンションはたいてい人口密集地にあるので、もし倒壊しようもんなら未曾有の大災害となるわけです。

「となりのマンションが燃えてうちのマンションに向かって倒れてきたら!」

そういう想像をしてしまうと、他人事に思えないのではないでしょうか。