読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだのーと。

山田の感じたこと、知ったこと、気付いたことのメモ書き。

学生から学ぶこと

以前あるイベントで受付をしていたとき、

60人ほどの参加者から参加費を頂いた中で、

一人だけしっかりと封筒に参加費を入れて持ってきた学生がいました。

社会人参加者も全てが裸銭でしたし、私だって普段はそうです。

あ、きっとこの子は親の教育がいいんだなあと思いました。

それからは私もできるだけ、参加費は封筒に入れて出すようにしています。

社会人になって、学生から学ぶことも多いというのは、最近良く感じていることです。

学生たちには色々なことを教えていきたいと思っていますが、

私自身、多くを学ばなければなりません。

 

と、同時に、社会に出ることで、そういった良さを忘れないで欲しいなと思います。

学生時代に魅力的だった友人が社会に出て、魅力が薄れてしまうこともよくあります。

それは社会の洗礼かもしれませんが、さーいーごまではしりーぬーけてー欲しいです。

 

正直、若者の夢を潰しちゃう社会って駄目だと思うんです。

「夢ばっか語ってんじゃねえ!」と言う気持ちは良くわかりますが、

その夢に近づく為に、どうしていくべきか、現実に沿って軌道修正してあげるのが先人の役目では無いでしょうか。

そんな風に否定してしまう人間は、きっとすでに夢を諦めてしまった人なのです。

 

 

 

以上、取り留めのない思いつきメモ。