読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだのーと。

山田の感じたこと、知ったこと、気付いたことのメモ書き。

あの頃のインターネットはきっとそこに誰かいることだけが価値だった。

インターネットって、昔となんか違うな、っとずっと心の何処かでわだかまっていました。

 

nectaris.hatenablog.com

 

こちらの記事を読んで、なんだかすっとした気がしたのです。

私にとって、インターネットは青春そのものでした(寂しいとか言うな)。

学校にいる友達より、インターネットの向こうにいる顔も名前も知らない人々と話すことがとても楽しくて、自分の居場所はここにあるんだと信じていた。

当時はブログもほとんど普及しておらず、SNSもありませんでしたので、私とその周囲はCGIBOYというフリーCGIサービスが提供していた日記帳を利用していました。そこで好き勝手に文章を書いていた思い出があります。

もう10年以上前のことで、気付けばサービスは終了しており、当時書いた文章は読むこともできないのですが。

今、Twitterでコミュニケーションを取っている中学生や、高校生の感覚と、あの頃チャットやBBS、そしてそういった日記サービスを楽しんでいた私達の感覚はきっと違うんじゃないかなあと、思いつつ、二度とは戻れないあの青春時代時代を回顧し、やるせない気持ちになります。

 

現在のインターネットのあり方も便利ですし、とても価値のあるものだと思います。あの当時より進化しているのは間違いありません。

でも、SEOを意識した文章を書いたり、SNSからの流入を意識した写真を撮って、アナリティクスを解析していて、「あれ、なんか違うな」と違和感をすごく感じてしまうのです。

一体、いつの間に、インターネットはこんなにも退屈になったんだ、と。

 

私がこのブログをはじめたのもそういう思いが強いんです。

別にアクセスがほしいわけじゃない、誰かに読んでもらうことを想定しているけれど、誰かに読んでほしいんじゃないんです。

あの頃、CGIの日記帳に書いてたような、好き勝手思ったことを書きたいな、それでいて、たまに誰かが「それ私も思ってたんだ」って共感してもらえたらいいな、と。

 

きっと、自分の中でもやもやしているものだとか、普段感じてることって、

他の誰かも同じことを感じていたり、考えたりしていて、けれどあえて口にする機会はなくて、

一つの記事、一つの投稿、一つのツイートに『意味』が求められるようになっているような気がするんです。

それって、すごくナンセンスな気がしていて、普段見向きもしない人が、ふと目に入った誰かの言葉を粗探しして、批判することで「間違った事を正すという正義のあり方」に酔いしれるのって、なんだかいびつだなーと思います。

何の気なしに、ため息を吐くように、独り言をこぼすように、なんとなく放った言葉を理論武装で叩き潰すというのは、それこそ意味のない事だと思います。

ツイートなんて、つぶやきですよ。

ひとつひとつに意味を求めてどうするんですか。

 

 

まあ、そんなことを思いつつ、

普段はPVがー!コンバージョンがー!直帰率がー!と言ってる私も中々に滑稽だと思いますが。

 

こんなどうでもいい文章を書きながら、

あの時、チャットで話してみんなは今どこで何してるのかなー。

なんて思い出すくらいで、十分だと思うんです。

そこに誰かいる、それだけで価値だったのに、

それ以上を求め過ぎてしまっているのだなーと。