読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだのーと。

山田の感じたこと、知ったこと、気付いたことのメモ書き。

お弁当男子になって気付いたこと

最近、お弁当を作って会社で食べています。

暇な時に作り置きして朝から詰めるだけの手抜き弁当なので、

数日間同じメニューになってしまうのがネックですが、

想像もしていなかったメリットがありました。

 

 

お金が浮くんです。

 

 

まず、財布を出さない。

バッグの中で眠っています。

2,3日1円も使わなかったなんて、ここ数年あったでしょうか。いや、ない。

 

会社の近所の定食屋さんのランチが平均700円ほど。

ちゃんと掲載したわけではありませんが、

お弁当の材料費が200円ほど。

 

500円も浮くじゃないか!!!

 

月に20日お弁当を持参すると1万円浮くことになります。

これはすごい。

皆さん、知ってました?

 

お弁当を作るとお金が浮くんですよ!!!

 

 

 

と、まあ、当然のことですが、

なんでお弁当生活を始めたのかというと、

昼食に会社を出て、飲食店に行って、注文して、食べて、会社に戻る。

その時間がもったいないと思ったわけです。

作るのは時間の空いた時にまとめてなので、

朝はちょっと焼いて詰めるだけで5分くらいしかかかりません。

そして食べるのも5分くらいしかかかりません。

昼休みをまるまる食事に使わず、仕事が出来る時間が増えるわけです!

もちろん、人との食事を優先しますので、そこはふんだんに時間を使います。

お弁当を作っててもこれからの時期は夕飯に回せますし。

 

ただ、ネックとしてはパートのおばちゃんから時折チェックされるのが恥ずかしいです。

あと、今日は、よく食事に誘っていた後輩が寂しそうに見てきました。

 

料理もしますし、長年の一人ぐらしで、掃除や洗濯も慣れています。

子守もできますし、おむつも替えれますので、

世の中の女性の皆さん、私を専業主夫にいかがでしょうか。