やまだのーと。

山田の感じたこと、知ったこと、気付いたことのメモ書き。

転職サイトを見て、若者は都会に行ってしまって仕方ないだろうと理解した話

日刊キャリアトレックの会員限定記事が読みたくて、

同社の運営する転職サイトであるキャリアトレックの無料会員になったのですが、

今すぐ転職するつもりはないですが、世の中にはどんな仕事があるのかと

キャリアトレックの個人ページをしっかりと設定してみたところ、

 

転職したくなりました。

 

つまり、転職サービスとしてそれだけ優秀なサービスということです。

うっかり、転職してしまうところでした。

 

何故そう思ったのかと言えば、単純に2つの理由からです。

1.待遇が良い

2.わくわくする仕事内容が多い

 

1の待遇に関しては、熊本のような地方の中小企業に勤めている私からすると魅力的過ぎるほど高給でした。

届いたスカウトメールの中には年収が倍以上になるものもごろごろあり、それだけで心移りしそうでした。

2の仕事内容に関しては、その仕事に携わっている自分を想像するとわくわくできるんですよね。もちろん、事実とは異なるかもしれませんが、それだけ表現やPRが上手い企業が多いということです。

 

私は、熊本に骨を埋める覚悟で地域の活性化になんらかの形で寄与していきたいという思いがあります。

若者の流出に関しても、なんとか歯止めをかけたいと思いながら日々できることをやっていますが、

そんな私でも、東京に行って仕事をしたくなるこの魅力の差です。

ちなみに、熊本の地場企業でこのサイトで求人を把握できたのは2社

会社名非公開ですが、事業内容でなんとなくわかりました。

 

経営者の方々と話すことも多いですが、若年層の採用に関して深く考えている経営者の方々は少ないように思います。

そして、そういった方々の多くが昔から続く労働観を基準に考えていて、

いくら表面上で綺麗事を言っても、本質的な部分では、古臭い考え方が蔓延しています。

「仕事があるだけありがたいと思え」とまでは言いませんが、そこに近い考え方があるのかもしれません。

モチベーションの向上を図り、人材を育成していくことが大事であるという考え方は言葉の上で理解していても、実際に取り組めているかは別問題です。

 

正直、モチベーションって一番はお金だと思います。間違いなく。

給料が上がれば、自分の仕事が評価されたのだと実感できますし、逆に給料が少ないと何のために働いてるのか解らなくなる可能性が高いです。

 

地方は東京などの首都圏に比べて物価が安いから生活コストが低く暮らしやすい

 

UIJターンなどを促進する時に行政がよく口にします。

県外でも採用活動をする地場企業も同じようなことを言います。

しかし、それは言葉の響きだけで、現状とは異なります。

通販やコンビニなど全国一律の料金で買い物をする人が増えていますし、

家賃に関しても東京圏の方が家賃補助や社宅などの福利厚生が整っている場合が多いです。

通勤に関しても毎日満員電車に1時間も乗らなくていい!と言われますが、

渋滞の中1時間も車を運転して通勤するのも嫌ですよね。

たしかに飲食店や、娯楽施設に関しては都会に比べると地方の方が安いですが…。

そもそも、実際に生活コストが安かろうと可処分所得が増えなければ消費は伸びませんし、税収も増えません

所得をどう伸ばしていくかが地域活性化の鍵になるわけですが、

県や市のマスタープランを見ても所得増加に関してはほとんど触れられていません。

貧しいけれど生活できる都市を誇るのではなく、東京より稼げる都市を目指すくらいの意気込みを持って欲しいと思います。

仕事の魅力に関しても県がブライト企業の認定をはじめましたが、

認定企業で働く方々とお話すると決してブライトではない実情もよく聞きます。

もちろんすべてではありませんが、「うちはブライトじゃなくブラックだよ」と皮肉交じりに笑む表情は忘れられません。

実際、熊本の企業で東京や大阪、福岡の企業と比較して働きたいと思える企業はあまりないかと思います。

それは事業内容の魅力もそうです。

「ここで働き続けてどうなるのか」

従業員がそう思ってしまうのは、それだけ未来が見えないからです。

会社としてのビジョンを具体的に提示し、その共有ができていないからです。

 

そんな現状では、働くことで、その先のキャリアにも夢が持て、所得も増える東京圏の企業を見てしまった場合、若者が都会に出ていってしまっても仕方ないと思います。

 

熊本で就職したいという学生にヒアリングすると、

「熊本が好きだから」

「家族といたいから」

「恋人が熊本にいるから」

「友達がみんな熊本にいるから」

などの答えを多く聞きます。

ほとんどが個人的な感情や環境によるもので、

社会的に行政や企業が打ち出したものの効果があるわけではありません。

 

社会的に「このまちで働きたい」と思わせるようにするには、

所得を伸ばし、魅力ある(わくわくする)働き方の提案が必要不可欠です。

そうしなければ、このまちで働くことに閉塞感しかない現状は変わりません。

 

散々なことを言っていますが、決して行政や地場企業を批判したいわけではなく、

そこまで顕著に答えが見えているのだから、あとはそこに向けて動く必要があるよね、という問題提起だと捉えていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

アングラ風なお店がもっと欲しい

商店街というのは個性的なお店がもっとたくさんあって、

大型のチェーン店にはないものが手に入るのが理想だなと思います。

チェーン店は安心感や信頼があり、よほどのことがなければ不満なく買い物ができます。

しかし、どこにでもある看板が並んだ風景や、きっちりマーケティングされニーズを満たしている反面、唐突なモノとの出会いがないように思います。

街を歩いて、ワクワクしない。

買うものを決めて行くから、必要なお店にしか立ち寄らない。

ふと立ち止まって、知らないお店に入って、

不意に魅力的なものと出会う。

そんな経験が最近はとても少くなっているような気がします。

上通・下通の熊本市中心商店街にこそ必要なお店

熊本市の中心地部では、桜町再開発や、JR熊本駅の駅ビル計画が進んでいます。

交通インフラと併設された形の商業施設ということもあり、

その集客力とテナント誘致は非常に力強いものなると思います。

下通りでも旧ダイエー跡地に建設された下通りNSビル内に

商業施設COCOSAが4月末にオープンします。

しかし、そのターゲット層は3~40代女性(実際に入るテナントを見るともう少し年齢層が低いように思いますが)。

また鶴屋百貨店やPARCOのような集客力のある店舗もありますが、

わさもんの熊本県民は桜町や熊本駅ビルへ足を運ぶ可能性が高いですし、

県外からの買い物客らも交通の利便性高い施設に集まりやすいと考えられます。

郊外型大型商業施設が乱立したときも、客足の減少こそありましたが、生き残ってきた中心商店街。

しかし、同じように乗り越えていける保証はどこにもありません。

そうなると、集客力のある人気テナントも商店街より、商業施設に入りたいと考えます。

そのときに商店街の空きテナントが増えていくと、より一層人の流れが減少すると考えられます。

もちろん、熊本市中心部エリア全体への集客量が増加しますので、

商店街への人通りが増加する可能性もあります。

私は専門家ではないので、それがどうなるのかはっきりとはわかりませんが、

たとえ人通りが増加しても、しっかりと取り込んで、買い物をしてもらわなければ意味はないのです。

そのためには「買い物したくなるお店」が必要となってきます。

そこで、私が欲しいなと思うのが、大型店やチェーン店では取扱のないような商品を専門で扱う店舗が増えればいいなということです。

たとえば、アングラなお店とか。

個人的にはアングラなお店がもっと増えたら良いなと思っています。

アーケード沿いでも1階部分のテナント入居率は高いですが、

2階、3階と上がるに連れて空室率は増加しています。

アーケードの外に行くと、ビル中のテナントの多くは飲食店です。

居酒屋やバー、スナックなどが多く、昼間の稼働率はかなり低いと思われます。

物販が増えて欲しいというのが、強い思いなのですが、

実際にテナント料を見ると、ビルの3,4階のあまり目立たないところで約10万円前後。広さにもよりますが、安いところでそのくらいです。

エレベーターが無く、階段で上がるところが多いですね。

逆にこういった遊休不動産を活用して、

ビルの中に入って階段を上ったところにある、狭いけれど面白いもものがある、

ちょっとアングラ風なお店ってすごく魅力的だと思います。

一気に10店舗前後そういうお店を作って、プロモーションしていくとある程度話題性もありますし、

通販も併用していけばなんとかならんでもない気がします。

不動産会社と連携して家賃下げてもらえるとなお良し。

個人的には仮面専門店とかメガネ拭き専門店とか欲しいです。

ネクタイ専門店とか、厚底靴専門店とかも面白いかもしれません。

古本屋さんや、絵画屋さんも欲しいですね。

わざわざ、階段を上って、普段立ち入らないところに入って行くという経験も、

演出次第では売りになると思います。

 

以上、ご飯を食べながら思いついたふとした思いつきでした。

 

ありがとう、ヤマトさん。

基本的に配達時間に指定できる8時から21時という時間帯に自宅にいることが殆ど無いんですよね…。

その時間に仕事やその他もろもろの都合で家にいれないくらいだから、買い物に行こうにもコンビニくらいしか空いておらず、結局Amazonに頼り、コンビニ受取で夜遅く受け取っています。

だから、ヤマトさんにも、Amazonにも、近所のセブンやローソンにもだいぶ助けてもらっています。

ご負担は重々承知なのですが、再配達が内容に全て事前にコンビニ受け取りにしていますし。

 

ですが、先日メール便がポストに入らなかったとのことで、不在伝票が入ってました。

基本的には不在伝票が入ってるとコンビニ受け取りをお願いするのですが、

メール便ではそれができないとのことで、大変困りました。

コールセンターのお姉さんも困っていました。

そこで、「なん

 

とかするので、明日の一番遅い時間にお願いします!」と頼んで、

ダメ元で、玄関にヤマトさんへのメモと紙袋をぶら下げてみました。

f:id:yamadanote:20170224134708j:plain

写真でお分かりいただけるかもしれませんが、

なんと、中にメール便が入っていました!!

申し訳無さを紛らすためにいれていたリポビタンDもちゃんと受け取ってもらえたようで何よりでした。

でも、何より嬉しかったのは、戸を空けて部屋に入ってからでした。

f:id:yamadanote:20170224134941j:plain

不在伝票が入っていたので、「他になにか荷物あったけ?」と思ったのですが、

ヤマトさんからのメッセージが。

もうこれ、超ほんわかですよ!

 

正直、こういう良い人ぶったことって、

偽善者みたいであんまりやりたくないのですが、

宅配業者の方がきつい、つらいと転職して人手不足に陥ると

私のような通販依存の環境にいる人間は、生活そのものがやばいので、

お仕事頑張っていただかなければなりません。

もちろん、昇給とか、労働環境の改善とか、そういったところが仕事のモチベーションになるのでしょうが、

一介の利用者でしかない私にはどうすることもできないので、

些細な事でも良いので「あ、なんか嬉しいな」と報われるような何かができればと思ったんです。

私がフリーライター時代、コンビニでアルバイトをしていたときも、お客さんの優しさにだいぶ支えられてきましたし、

今でも仕事のモチベーションは待遇や労働環境以上に、

周囲の人々の声が大きいです。

先日も、企業の人事の方から、

「君が書いてくれた記事を見て、東京の学生がうちの会社に入りたいって連絡してきたよ」

と連絡を頂き、飛び跳ねそうなくらい嬉しかったです。

そういう、自分の仕事が報われた瞬間って嬉しいと思うんですよね。

だから、私は、ヤマト運輸のSDの方々(あと日本郵便も!)には本当に感謝していますし、ちゃんとお礼が言いたいなあ、と思っています。

 

地方に住んでいる人間にとって、流通は命綱です。

利用者である私達も、そのありがたみに日々感謝しなければなりません。

ありがとう、ヤマトさん。

 

学生から学ぶこと

以前あるイベントで受付をしていたとき、

60人ほどの参加者から参加費を頂いた中で、

一人だけしっかりと封筒に参加費を入れて持ってきた学生がいました。

社会人参加者も全てが裸銭でしたし、私だって普段はそうです。

あ、きっとこの子は親の教育がいいんだなあと思いました。

それからは私もできるだけ、参加費は封筒に入れて出すようにしています。

社会人になって、学生から学ぶことも多いというのは、最近良く感じていることです。

学生たちには色々なことを教えていきたいと思っていますが、

私自身、多くを学ばなければなりません。

 

と、同時に、社会に出ることで、そういった良さを忘れないで欲しいなと思います。

学生時代に魅力的だった友人が社会に出て、魅力が薄れてしまうこともよくあります。

それは社会の洗礼かもしれませんが、さーいーごまではしりーぬーけてー欲しいです。

 

正直、若者の夢を潰しちゃう社会って駄目だと思うんです。

「夢ばっか語ってんじゃねえ!」と言う気持ちは良くわかりますが、

その夢に近づく為に、どうしていくべきか、現実に沿って軌道修正してあげるのが先人の役目では無いでしょうか。

そんな風に否定してしまう人間は、きっとすでに夢を諦めてしまった人なのです。

 

 

 

以上、取り留めのない思いつきメモ。

流通に乗っていない僕の好きな飲み物たち。

私の好きな飲み物に、ダイアモンド・ガラナというものがあります。

 

 ビール瓶に入ったソフトドリンクなのですが、

ビールより薄い琥珀色の甘い炭酸飲料です。

私が子供の頃は、お盆やお正月、親戚が集まった時に、

大人が飲むビールの代わりによく飲んでいました。

居酒屋なんかに置いてあり、いつも頼んでいました。

兵庫県で製造している飲料なのですが、

私の地元長崎諫早では、近所の酒屋さんにも置いてあったので、

熊本でも探したのですが、どこにも置いていないんですよね。

地場大手の酒卸業者にも何件か問い合わせたのですが、

どこも取り扱っていないとのことで、

流通そのものが無いようです。

Amazonだと送料が高いし、家で一人で飲むのに1ケースはちょっと多い。邪魔。

ググってみると宮崎県でもあるようで、

九州でもあったり、なかったり。

これを飲んで育ったと言っても過言ではない(過言です)ので、

やっぱり懐かしくて、正月に帰省した時は、

近所の酒屋さんでがっつり買って持って帰ってきました。

重かったです。もうなくなりました。

 

あと、個人的に譲れない飲料の王者と言えばドクターペッパー

熊本では、ビレッジバンガードやプラザ、カルディなどで輸入品が手に入るのですが、

1本単価が少し割高なので、よくアマゾンでロット買いしてました。

 

コカ・コーラ ドクターペッパー 350ml×24本

コカ・コーラ ドクターペッパー 350ml×24本

 

 

f:id:yamadanote:20170207112211j:plain

冷蔵庫の中にはドクターペッパー

家ではお酒を飲まないので晩酌代わりです。

(なんか色々汚いけど気にしないで下さい)

しかし、1年位前に気づいたのですが、ドラッグストアモリには500mlペットボトルのドクターペッパーが88円(税別)で売ってあるのです!

毎回大量に買い占めていたら、店員さんにロット買いを勧められました。ええ、買いましたとも。

 

熊本地震の前震後、とりあえず飲み物をと冷蔵庫を開けたら大量のドクターペッパーしかなくて、

原付きのメットケースに詰めれるだけ詰めて走り回ったのはいい思い出です。

前震直後、市役所の職員さんに差し入れとして渡したら、

「市民に優先して飲料を渡してたから自分が飲めるのはドクターペッパーしかなかった。ぬるくなったドクターペッパーで耐え忍んだ」

と数ヶ月経って言われたのはなんか、もう申し訳なかったです。

震災のあと引っ越して、近所にドラモリが無いのが辛いです。

たまにドクターペッパーだけ買いに行ってます。

 

いや、本当なにくだらない記事書いてるんだって話なんですけど、

ダイヤモンドガラナも、ドクターペッパーも大好きなんです。

もっと手軽にコンビニとかで手に入るようになれば良いのになあ。

誰か熊本市内で売ってある場所知っていたら教えてください。

 

あ、ちなみにアマゾンアソシエイトは登録してないので

この記事から購入しても私には一銭も入りません!

でも、美味しいので興味のある方はぜひ買ってみて下さい。

(そして私にも分けて下さい)

「はたらくこと」を就活生は楽しんで考えなきゃいけないよ

私は就活生と触れ合う機会が、おそらく他の社会人より多い気がします。

別に採用を担当しているわけでも、大学に勤めているわけでもないのですが、就職活動、とりわけ「はたらく」ということに対して、人よりほんの少しだけ関心が強く、プライベートの時間で学生と話すことが多いんです。

それと、大学生と普段から話していると、自分も学生の頃の若々しい気持ちに戻れる気がするので、少し趣味の要素もあります。

 

今、大学生の新卒における就職・採用市場は売り手市場だと言われています。従来より続く人手不足に少子化の影響も出て、企業の採用意欲が高まっています。特に地方では、首都圏や大都市に就職する若者が多く、人口流出が加速しています。

私の住む熊本を見ると、企業の出す求人数と学生の数は、まだ学生の方が多い気がします。ただ、企業が「採用したい」と思える学生が少ないんですね。だから、内定を複数獲得する学生もいれば、就職が決まらないまま大学を卒業してしまう学生も少なからずいます。

 

そもそも、私は採用市場という言葉があまり好きではありませんし、新卒一括採用もどうかと思うのです。

 

人の就職は、決して商品ではなく、その本人の固有のものであるべきで、過剰に第三者が介入すべきものではないのです。

 

学生と話すと「何をしたいのか分からない」「やりたいことができる企業が地元にはない」という声をよく聞きます。私も学生時代はそうでした。特に目的も無く、推薦枠が空いていたので受験勉強もせずに進学した大学で、目の前の楽しそうなことだけを追いかけて過ごしていましたので、将来ははるか遠くにあるようなイメージを持っていました。結局焦って4年生の3月に滑り込みのように就職して、1カ月で退職してしまいました。その話はまた別としても、結局当時の私も「やりたいこと」が何なのかわかりませんでした。

今の就職活動は、合同説明会やナビサイトで、「こんな仕事がありますよ、さあ選んで下さい」とカタログを広げられているようなものです。カタログをぺらぺらとめくり、品定めしていく、まるでその中からしか選べないように、社会全体で大きな枠組みを作り、学生に強要しているのです。そして、それがさも当然のような雰囲気で、学生たちは就職活動を始めます。

 

私は彼らに、自分の未来はそのカタログの中にしかないだなんて、思ってほしくないんです。

 

そんな思いを学生に伝えた時、返ってきた言葉が、

「でも、だからと言って、それ以外にどうやって就職先を探せば良いんですか」

いつもであれば「そんなのいくらでも方法はあるだろおおお!!!」と、ヒアリングしつつ、ひとつひとつノウハウを教えるところなのですが、問題は学生が無知なことではなく、そうなってしまう環境にあると思いました。

 

学生にはきっと誰かの「仕事観」に触れる機会がないんだ。そう思いました。

どんな人が、どんな気持ちで、どんな仕事をしているのか。お手本となるようなそんな思いに直接ふれたことがないんです。だから、自分自身の仕事に対する考えが持てず、それを実現できる企業がどういった企業なのか見極めて、知っていく機会が失われているのではないでしょうか。

 

それは、きっと、「はたらくこと」に対する閉塞感が蔓延しているからだと思っています。

私も含めて、今の若い社会人は好景気を知りません。生まれた頃にバブルがはじけ、「みんなが頑張れば世の中がよくなる」ことを信じることができず、将来に対する不安ばかり覚えさせられてきました。

ブラック企業や過労死、ワーキングプアなどがトレンドに入り、労働時間は増え、所得は上がらず、税金や出費は増える。そんな話ばかり聞いて過ごしていると「はたらくこと」は魅力でもなく、生きていく上で避けることの出来ない苦行の一つにしか思えなくなります。

そんな中で、「さあ、なにがやりたい」って嫌がらせも良いところですよね。

 

だから、私はカタログはもういらないと思っているんです。

学生時代から、学生の立場で自分たちが面白い、楽しいと思うことで、社会に対して踏み出していける環境って必要だろうなって思います。

どんどん踏み込んでいけば、気づけば就職活動とは違うところで、仕事に結びつくものです。

本当にやりたいことがわかっていれば、就職活動なんて、たぶん、必要ない。

 

もちろん、いまの経済がどう回っているのか、企業とはなんなのか、初めて学ぶきっかけとしては就職活動もありだと思います。それに、就職活動って自分自身と向き合う機会になるので、これまでそういう機会を持てなかった人にとっては非常に良い環境だと思うんです。

大学でよくあるような自己分析講座ってそれが上手く出来ない人のためのもので、万人向けじゃないし、結局無理やり言い訳を考えてるだけになりがちです。マナー講座なんてのも、あいさつとか、身だしなみって、わざわざ大学生が就活で学ぶものでなく、周囲の大人たちが、大人になる前に教えて、自然と身につくもので、成人して初めて学ぶなんて恥じるべきで、危機感こそ覚えなければなりません。

 

もっと、素直に、自分が何をしたいのか、

何に興味があるのか、

何を楽しいと思うのか、

何が嬉しいと思うのか、

何が幸せなのか。

 

大きな声で言えるようになると、「はたらくこと」が明るくハッピーになるのにな、と思います。

新年の抱負とか

あけましておめでとうございます。

年末年始、実家に帰省すると小学6年生の姪っ子が大きくなってました。

身長が168cmあるそうです。私の周りのどの女の子より大きいんですけど、

血筋って怖い。

 

さて、2017年になりました。

昨年がどんな年だったかとか、今年がどんな年になるとかというのは色んな所で様々な意見がありますし、

評論家でも預言者でもないので、私は口にしませんが、個人的に抱負くらい述べておこうかと思います。

人目に触れるところに書いておくと言い訳できなくなるので効果的かと思いますので。

 

【目標1】食べて飲んで寝て運動せずに10kg痩せる。

久しぶりに会う人にはみんなから「太った?」と言われます。

今現在、この人生で最も重い体と鳴っています。最大体重更新中!

熊本に訪れた8年弱前と比較して20kgほど太っています。

食べ物が美味しいのが駄目なんです(そしてもうそんなに時間が経つことに驚愕)。

しかし、食べること、飲むこと、寝ることは幸せの為に必要不可欠なので、

抑えようとは思いません。

そして、運動も余り好きではないので(高校時代は体育祭逃げ回るほどに)、

この一年で食べて飲んで寝て運動せずに10kg痩せる方法を考えて実践したいと思います。

まずはソイプロテインから始めます。

 

【目標2】基本に忠実!早寝早起き!

私は夜更かし大好きで、気づけば深夜の3時とか4時になってることが多いです。

だからもちろん、朝起きれないのですが、いくら22時頃に寝てもおきれないのです。

朝からアラームを5,6回ほどセットしていますが、起きないというか気付いてすらいません。

しかし、全力ダッシュすればギリギリ間に合うくらいの時間帯に目覚めたりします。

おかげで遅刻は少ないのですが、毎朝スリルが満載です。

もちろん、体にも良くないので、早寝早起きを心がけたいと思っています。

【目標3】彼 女 が 欲 し い

大学4年生の2月14日、バレンタインの日に元カノと別れて以降、恋人がいません。

寂しいです。

もう半ばネタと化してきて、クリスマスイヴの夜には街でサンタ狩りに興じて、カップルが絶対いないであろう焼酎バーで過ごすくらい寂しい生活をしています。

このままだと少子化を加速させる原因にもなりかねないほどの勢いなので、恋人が欲しいです。

昨年は会社の先輩が私に恋人を作るためにどうしたらいいか、ノウハウとスケジュールをスライドで作ってくださいましたが、最初のステップが「彼女ができるまで合コンに行き続ける」というものでしたが、昨年どころかこれまでの人生で合コンなんて行ったことありませんし、全くもって実行されませんでした。

あれです。震災の影響で予定が後ろ倒しになっているんです、きっと。

 

 

以上の3つが2017年の目標です。

今思いついて適当に書いたので、明日には忘れているかもしれません。

覚えていたらたまに経過報告しますね。