読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまだのーと。

山田の感じたこと、知ったこと、気付いたことのメモ書き。

諸君、私はお金が好きだ。

世の中金だ。最近本当にそう思う。
私はお金が好きだ。私はお金が好きだ。私はお金が大好きだ。
もしも、お金が好きでは無いと、それどころか嫌いだという人がいるのなら名乗り出て欲しい。あなたが拒絶したお金を、嫌いだと豪語したお金を、その全てを貰い受けよう。
さすがにそれはできないと言うだろう。お金が無いと生活ができないのだから。ならば、生活に必要最低限なお金を残して、残ったすべてを私に手渡してくれればいい。そのくらい譲歩できるくらいに私は寛容だ。
このような話をすると「お金では買えないものがある」と胸をはって宣言する人が現れる。しかしそれは某テレビCMで「お金で買えない価値がある」とクレジットカード会社が堂々と言い張るくらい矛盾した理屈だ。
信用はお金じゃ買えない!というが、お金があるということはそれだけで信用なのだ。信用情報というのも金の支払いによるものだ。逆に言えば信用があるからこそ、その人の元にお金が集まるのだ。そして、お金がない人間というのは、お金を持っている人間以上に信用出来ないだろう。100万円の借金がある人に「電気代払えないからお金貸して、お金ができたら返すから」と言われても信用できないだろう。逆に高級車に乗っている資産家から「え?このお店カード使えないの?ブラックカードだよ?現金持ち歩かない派なんだけど。すまない、悪いけど立て替えてもらえないかな?明日にでも君の口座に振り込ませるから」と言われると安心どころか、もしかしたら翌日には多めに振り込まれてるのでは無いかと期待感さえある。つまり、お金は信用と直結するのだ。
例えば経験。お金がなければできない経験もたくさんある。お金がなければホテルのスイートルームに宿泊する経験も、ディズニーランドを貸し切る経験だってできない。貧しい経験も大事だというのなら、期間限定で使用するお金を制限して感じることができるだろう。しかし逆はできない。
時間、というがこれも移動に鈍行列車でなく新幹線を使えばそれだけ浮いた時間ができる。家政婦を雇えば家事に使う時間を有意義に使える。自分がする必要の無い作業を金で雇った人間にさせることで、時間は作れるのだ。
家族?恋人?僕年収1億円でーすと源泉徴収票でもTwitterに載せればたくさんオファーが来ると思います。
健康?毎日スーパーの半額弁当を食べている人よりも、栄養士が無添加無農薬の食材を調理したものを食べている人の方が不健康であるはずがない。
幸福?電気が停まって暗い部屋の中で「最低限の文化的な生活ってなんだろう」と考えながら過ごす貧困生活を送ることは幸福だろうか。不自由することなく生活できることは幸福だろう。

お金がないということは、それだけ心が腐っていく。喫茶店で友人と会うだけで500円無くなる。これさえ払うことに戸惑いを感じている時点で友人と会うことに500円の価値もないと感じているのだ。その友達が困っている時に、さて救いの手を差し伸べることができるだろうか。
「金持ちは性格が悪いヤツが多い!」という人がいるが、個人的には貧乏人の方が性格が悪いヤツが多いと感じる。金持ちには人格者が多い。もちろん全てに当てはまるわけではないが、そのセリフは貧乏人の負け犬の遠吠えであろう。
清貧さを求めるのであれば仏門に入ればいい。うちの近所のお寺の和尚はレクサスに乗っているがそれは少数派だと信じたい。清貧とは私欲を捨ててこそ成り立つ貧しさであり、俗世にいてはそれは成立し難いと言えよう。

さて、だいぶ無駄な話をしてしまったが、ここでもう一度言おう。
私はお金が好きだ。
福沢諭吉が好きだ。ベンジャミン・フランクリンが好きだ。エリザベス女王が好きだ。アムールスキー伯が好きだ。ありとあらゆるお金が好きだ。
株も好きだ。不動産も好きだ。お金に繋ががるありとあらゆる資産が好きだ。

宝くじに当たりでもしない限り、お金はその人の努力の証だ。才能の証だ。信用の証だ。繋がりの証だ。ありとあらゆる結果としてお金が集まるのだ。
人並み以上に働くからお金が集まるのだ。人並み以上に賢いからお金が集まるのだ。
懸命で、聡明で、清明であるからして、そこに価値が生まれ、お金となるのだ。
私はお金が欲しい。お金があればすぐにでも成したいことが数え切れないほどある。そして、このままではそれらを成せぬまま人生を終えてしまうのだ。お金があっても成せぬことが、金なくして成せるとおは思えない。
金に執着する人間は、金の先がないのだ。
金はあくまで価値の指標だ。その指標に執着するようであれば、その価値は無に帰すだろう。活かしたいのだ、金を。
金で得て、学んで、そして救いたい。
それができるのが金なのだ。

だから、私はお金が好きだ。

 

 

 

さて、ここで問題です。

記事本文中に「金」という文字は一体いくつ入っているでしょう。

1.36

2.48

3.52

COCOSAの抱える課題

COCOSAがオープンし、下通りの賑わいがすこし増している気がします。

個人的にはその賑わいがいつまで継続できるか、というところが課題かと思います。

もちろん、私以外にもそういう提言をしている人はたくさんいますが…。

 

当初、COCOSAでは30~40代の女性をメインターゲットにテナントを誘致すると発表していました。

しかし、蓋を開けてみると20代女性に人気のあるテナントが多いな、というのは多くの人が感じているところでしょう。

この原因は、先に控える桜町再開発でできる商業施設も「30~40代女性」をターゲットにすると公表していることが影響しているのではないかと推測できます。

交通インフラやその他多くの施設と併設し、立地・規模も熊本で最も優れる施設が建設中であるため、大手はそちらへの出店を希望しているのではないでしょうか。

桜町再開発に関しては肥後ジャーナルさんにわかりやすく掲載してありましたので、参考までに。

higojournal.com

雑誌にはできないことを平然とやってのけるそこに(以下略)

もちろん、COCOSAにはCOCOSAの魅力があります。九州初、熊本初の店舗が多く出店し、品揃えもこれまで中心商店街になかったものであふれています。

集客力という点では、以前のダイエーより強いんじゃないかな、と個人的に思います。

では、なぜ賑わいの継続を疑問視するのか。

それは、価格帯です。

確かに20代の好きそうなお店が多く、集客力はあるかもしれません。

しかし、入居テナントの商品を熊本県内の女性が日常的に購入できるかといえば疑問視せざるを得ません。

悲しい話、熊本の20代女性の年収は約278万円(厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」をもとに算出。2016年)

 

さて、その収入で、消費に向くお金がどれくらいあるでしょうか。

これでも、他県の商業施設よりリーズナブルなテナントが揃っているなという印象です。

たとえば、COCOSAの入る下通NSビルには他にコールセンターなども入っていますが、そこで働く20代女性がどれほどCOCOSAで買い物ができるでしょうか。

(コールセンターは人件費が安いという理由で地方に作る傾向にあるので、仕方ないとは思いますが)

桜町、熊本駅熊本市中心部への商業集積が進む中、今後どれだけ集客できるか、客層に対応した品揃えができるか、催事ができるかが鍵じゃないでしょうか。

所得が低いとはいえ、実家暮らし率も高い(気がする)ので、生活コストもそんなに高くないと考えれば想定より客足は継続するかもしれませんし、今後商店街と連携した人の流れの構築ができれば、下通りの新しいシンボルとして輝いていくのかもしれません。

 

熊本県の課題として、

若者の人口流出があります。これは単純に所得の低さと企業の魅力にあります。

これはまた別の機会に書ければと思いますが、そういった課題を県全体で解決しなければ、若年層向けの店舗経営は大きな壁にぶつかることになります。

逆に若者をつなぎとめる要因として、COCOSAが一役買ってくれるとうれしいですね!

転職サイトを見て、若者は都会に行ってしまって仕方ないだろうと理解した話

日刊キャリアトレックの会員限定記事が読みたくて、

同社の運営する転職サイトであるキャリアトレックの無料会員になったのですが、

今すぐ転職するつもりはないですが、世の中にはどんな仕事があるのかと

キャリアトレックの個人ページをしっかりと設定してみたところ、

 

転職したくなりました。

 

つまり、転職サービスとしてそれだけ優秀なサービスということです。

うっかり、転職してしまうところでした。

 

何故そう思ったのかと言えば、単純に2つの理由からです。

1.待遇が良い

2.わくわくする仕事内容が多い

 

1の待遇に関しては、熊本のような地方の中小企業に勤めている私からすると魅力的過ぎるほど高給でした。

届いたスカウトメールの中には年収が倍以上になるものもごろごろあり、それだけで心移りしそうでした。

2の仕事内容に関しては、その仕事に携わっている自分を想像するとわくわくできるんですよね。もちろん、事実とは異なるかもしれませんが、それだけ表現やPRが上手い企業が多いということです。

 

私は、熊本に骨を埋める覚悟で地域の活性化になんらかの形で寄与していきたいという思いがあります。

若者の流出に関しても、なんとか歯止めをかけたいと思いながら日々できることをやっていますが、

そんな私でも、東京に行って仕事をしたくなるこの魅力の差です。

ちなみに、熊本の地場企業でこのサイトで求人を把握できたのは2社

会社名非公開ですが、事業内容でなんとなくわかりました。

 

経営者の方々と話すことも多いですが、若年層の採用に関して深く考えている経営者の方々は少ないように思います。

そして、そういった方々の多くが昔から続く労働観を基準に考えていて、

いくら表面上で綺麗事を言っても、本質的な部分では、古臭い考え方が蔓延しています。

「仕事があるだけありがたいと思え」とまでは言いませんが、そこに近い考え方があるのかもしれません。

モチベーションの向上を図り、人材を育成していくことが大事であるという考え方は言葉の上で理解していても、実際に取り組めているかは別問題です。

 

正直、モチベーションって一番はお金だと思います。間違いなく。

給料が上がれば、自分の仕事が評価されたのだと実感できますし、逆に給料が少ないと何のために働いてるのか解らなくなる可能性が高いです。

 

地方は東京などの首都圏に比べて物価が安いから生活コストが低く暮らしやすい

 

UIJターンなどを促進する時に行政がよく口にします。

県外でも採用活動をする地場企業も同じようなことを言います。

しかし、それは言葉の響きだけで、現状とは異なります。

通販やコンビニなど全国一律の料金で買い物をする人が増えていますし、

家賃に関しても東京圏の方が家賃補助や社宅などの福利厚生が整っている場合が多いです。

通勤に関しても毎日満員電車に1時間も乗らなくていい!と言われますが、

渋滞の中1時間も車を運転して通勤するのも嫌ですよね。

たしかに飲食店や、娯楽施設に関しては都会に比べると地方の方が安いですが…。

そもそも、実際に生活コストが安かろうと可処分所得が増えなければ消費は伸びませんし、税収も増えません

所得をどう伸ばしていくかが地域活性化の鍵になるわけですが、

県や市のマスタープランを見ても所得増加に関してはほとんど触れられていません。

貧しいけれど生活できる都市を誇るのではなく、東京より稼げる都市を目指すくらいの意気込みを持って欲しいと思います。

仕事の魅力に関しても県がブライト企業の認定をはじめましたが、

認定企業で働く方々とお話すると決してブライトではない実情もよく聞きます。

もちろんすべてではありませんが、「うちはブライトじゃなくブラックだよ」と皮肉交じりに笑む表情は忘れられません。

実際、熊本の企業で東京や大阪、福岡の企業と比較して働きたいと思える企業はあまりないかと思います。

それは事業内容の魅力もそうです。

「ここで働き続けてどうなるのか」

従業員がそう思ってしまうのは、それだけ未来が見えないからです。

会社としてのビジョンを具体的に提示し、その共有ができていないからです。

 

そんな現状では、働くことで、その先のキャリアにも夢が持て、所得も増える東京圏の企業を見てしまった場合、若者が都会に出ていってしまっても仕方ないと思います。

 

熊本で就職したいという学生にヒアリングすると、

「熊本が好きだから」

「家族といたいから」

「恋人が熊本にいるから」

「友達がみんな熊本にいるから」

などの答えを多く聞きます。

ほとんどが個人的な感情や環境によるもので、

社会的に行政や企業が打ち出したものの効果があるわけではありません。

 

社会的に「このまちで働きたい」と思わせるようにするには、

所得を伸ばし、魅力ある(わくわくする)働き方の提案が必要不可欠です。

そうしなければ、このまちで働くことに閉塞感しかない現状は変わりません。

 

散々なことを言っていますが、決して行政や地場企業を批判したいわけではなく、

そこまで顕著に答えが見えているのだから、あとはそこに向けて動く必要があるよね、という問題提起だと捉えていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

アングラ風なお店がもっと欲しい

商店街というのは個性的なお店がもっとたくさんあって、

大型のチェーン店にはないものが手に入るのが理想だなと思います。

チェーン店は安心感や信頼があり、よほどのことがなければ不満なく買い物ができます。

しかし、どこにでもある看板が並んだ風景や、きっちりマーケティングされニーズを満たしている反面、唐突なモノとの出会いがないように思います。

街を歩いて、ワクワクしない。

買うものを決めて行くから、必要なお店にしか立ち寄らない。

ふと立ち止まって、知らないお店に入って、

不意に魅力的なものと出会う。

そんな経験が最近はとても少くなっているような気がします。

上通・下通の熊本市中心商店街にこそ必要なお店

熊本市の中心地部では、桜町再開発や、JR熊本駅の駅ビル計画が進んでいます。

交通インフラと併設された形の商業施設ということもあり、

その集客力とテナント誘致は非常に力強いものなると思います。

下通りでも旧ダイエー跡地に建設された下通りNSビル内に

商業施設COCOSAが4月末にオープンします。

しかし、そのターゲット層は3~40代女性(実際に入るテナントを見るともう少し年齢層が低いように思いますが)。

また鶴屋百貨店やPARCOのような集客力のある店舗もありますが、

わさもんの熊本県民は桜町や熊本駅ビルへ足を運ぶ可能性が高いですし、

県外からの買い物客らも交通の利便性高い施設に集まりやすいと考えられます。

郊外型大型商業施設が乱立したときも、客足の減少こそありましたが、生き残ってきた中心商店街。

しかし、同じように乗り越えていける保証はどこにもありません。

そうなると、集客力のある人気テナントも商店街より、商業施設に入りたいと考えます。

そのときに商店街の空きテナントが増えていくと、より一層人の流れが減少すると考えられます。

もちろん、熊本市中心部エリア全体への集客量が増加しますので、

商店街への人通りが増加する可能性もあります。

私は専門家ではないので、それがどうなるのかはっきりとはわかりませんが、

たとえ人通りが増加しても、しっかりと取り込んで、買い物をしてもらわなければ意味はないのです。

そのためには「買い物したくなるお店」が必要となってきます。

そこで、私が欲しいなと思うのが、大型店やチェーン店では取扱のないような商品を専門で扱う店舗が増えればいいなということです。

たとえば、アングラなお店とか。

個人的にはアングラなお店がもっと増えたら良いなと思っています。

アーケード沿いでも1階部分のテナント入居率は高いですが、

2階、3階と上がるに連れて空室率は増加しています。

アーケードの外に行くと、ビル中のテナントの多くは飲食店です。

居酒屋やバー、スナックなどが多く、昼間の稼働率はかなり低いと思われます。

物販が増えて欲しいというのが、強い思いなのですが、

実際にテナント料を見ると、ビルの3,4階のあまり目立たないところで約10万円前後。広さにもよりますが、安いところでそのくらいです。

エレベーターが無く、階段で上がるところが多いですね。

逆にこういった遊休不動産を活用して、

ビルの中に入って階段を上ったところにある、狭いけれど面白いもものがある、

ちょっとアングラ風なお店ってすごく魅力的だと思います。

一気に10店舗前後そういうお店を作って、プロモーションしていくとある程度話題性もありますし、

通販も併用していけばなんとかならんでもない気がします。

不動産会社と連携して家賃下げてもらえるとなお良し。

個人的には仮面専門店とかメガネ拭き専門店とか欲しいです。

ネクタイ専門店とか、厚底靴専門店とかも面白いかもしれません。

古本屋さんや、絵画屋さんも欲しいですね。

わざわざ、階段を上って、普段立ち入らないところに入って行くという経験も、

演出次第では売りになると思います。

 

以上、ご飯を食べながら思いついたふとした思いつきでした。

 

ありがとう、ヤマトさん。

基本的に配達時間に指定できる8時から21時という時間帯に自宅にいることが殆ど無いんですよね…。

その時間に仕事やその他もろもろの都合で家にいれないくらいだから、買い物に行こうにもコンビニくらいしか空いておらず、結局Amazonに頼り、コンビニ受取で夜遅く受け取っています。

だから、ヤマトさんにも、Amazonにも、近所のセブンやローソンにもだいぶ助けてもらっています。

ご負担は重々承知なのですが、再配達が内容に全て事前にコンビニ受け取りにしていますし。

 

ですが、先日メール便がポストに入らなかったとのことで、不在伝票が入ってました。

基本的には不在伝票が入ってるとコンビニ受け取りをお願いするのですが、

メール便ではそれができないとのことで、大変困りました。

コールセンターのお姉さんも困っていました。

そこで、「なん

 

とかするので、明日の一番遅い時間にお願いします!」と頼んで、

ダメ元で、玄関にヤマトさんへのメモと紙袋をぶら下げてみました。

f:id:yamadanote:20170224134708j:plain

写真でお分かりいただけるかもしれませんが、

なんと、中にメール便が入っていました!!

申し訳無さを紛らすためにいれていたリポビタンDもちゃんと受け取ってもらえたようで何よりでした。

でも、何より嬉しかったのは、戸を空けて部屋に入ってからでした。

f:id:yamadanote:20170224134941j:plain

不在伝票が入っていたので、「他になにか荷物あったけ?」と思ったのですが、

ヤマトさんからのメッセージが。

もうこれ、超ほんわかですよ!

 

正直、こういう良い人ぶったことって、

偽善者みたいであんまりやりたくないのですが、

宅配業者の方がきつい、つらいと転職して人手不足に陥ると

私のような通販依存の環境にいる人間は、生活そのものがやばいので、

お仕事頑張っていただかなければなりません。

もちろん、昇給とか、労働環境の改善とか、そういったところが仕事のモチベーションになるのでしょうが、

一介の利用者でしかない私にはどうすることもできないので、

些細な事でも良いので「あ、なんか嬉しいな」と報われるような何かができればと思ったんです。

私がフリーライター時代、コンビニでアルバイトをしていたときも、お客さんの優しさにだいぶ支えられてきましたし、

今でも仕事のモチベーションは待遇や労働環境以上に、

周囲の人々の声が大きいです。

先日も、企業の人事の方から、

「君が書いてくれた記事を見て、東京の学生がうちの会社に入りたいって連絡してきたよ」

と連絡を頂き、飛び跳ねそうなくらい嬉しかったです。

そういう、自分の仕事が報われた瞬間って嬉しいと思うんですよね。

だから、私は、ヤマト運輸のSDの方々(あと日本郵便も!)には本当に感謝していますし、ちゃんとお礼が言いたいなあ、と思っています。

 

地方に住んでいる人間にとって、流通は命綱です。

利用者である私達も、そのありがたみに日々感謝しなければなりません。

ありがとう、ヤマトさん。

 

学生から学ぶこと

以前あるイベントで受付をしていたとき、

60人ほどの参加者から参加費を頂いた中で、

一人だけしっかりと封筒に参加費を入れて持ってきた学生がいました。

社会人参加者も全てが裸銭でしたし、私だって普段はそうです。

あ、きっとこの子は親の教育がいいんだなあと思いました。

それからは私もできるだけ、参加費は封筒に入れて出すようにしています。

社会人になって、学生から学ぶことも多いというのは、最近良く感じていることです。

学生たちには色々なことを教えていきたいと思っていますが、

私自身、多くを学ばなければなりません。

 

と、同時に、社会に出ることで、そういった良さを忘れないで欲しいなと思います。

学生時代に魅力的だった友人が社会に出て、魅力が薄れてしまうこともよくあります。

それは社会の洗礼かもしれませんが、さーいーごまではしりーぬーけてー欲しいです。

 

正直、若者の夢を潰しちゃう社会って駄目だと思うんです。

「夢ばっか語ってんじゃねえ!」と言う気持ちは良くわかりますが、

その夢に近づく為に、どうしていくべきか、現実に沿って軌道修正してあげるのが先人の役目では無いでしょうか。

そんな風に否定してしまう人間は、きっとすでに夢を諦めてしまった人なのです。

 

 

 

以上、取り留めのない思いつきメモ。

流通に乗っていない僕の好きな飲み物たち。

私の好きな飲み物に、ダイアモンド・ガラナというものがあります。

 

 ビール瓶に入ったソフトドリンクなのですが、

ビールより薄い琥珀色の甘い炭酸飲料です。

私が子供の頃は、お盆やお正月、親戚が集まった時に、

大人が飲むビールの代わりによく飲んでいました。

居酒屋なんかに置いてあり、いつも頼んでいました。

兵庫県で製造している飲料なのですが、

私の地元長崎諫早では、近所の酒屋さんにも置いてあったので、

熊本でも探したのですが、どこにも置いていないんですよね。

地場大手の酒卸業者にも何件か問い合わせたのですが、

どこも取り扱っていないとのことで、

流通そのものが無いようです。

Amazonだと送料が高いし、家で一人で飲むのに1ケースはちょっと多い。邪魔。

ググってみると宮崎県でもあるようで、

九州でもあったり、なかったり。

これを飲んで育ったと言っても過言ではない(過言です)ので、

やっぱり懐かしくて、正月に帰省した時は、

近所の酒屋さんでがっつり買って持って帰ってきました。

重かったです。もうなくなりました。

 

あと、個人的に譲れない飲料の王者と言えばドクターペッパー

熊本では、ビレッジバンガードやプラザ、カルディなどで輸入品が手に入るのですが、

1本単価が少し割高なので、よくアマゾンでロット買いしてました。

 

コカ・コーラ ドクターペッパー 350ml×24本

コカ・コーラ ドクターペッパー 350ml×24本

 

 

f:id:yamadanote:20170207112211j:plain

冷蔵庫の中にはドクターペッパー

家ではお酒を飲まないので晩酌代わりです。

(なんか色々汚いけど気にしないで下さい)

しかし、1年位前に気づいたのですが、ドラッグストアモリには500mlペットボトルのドクターペッパーが88円(税別)で売ってあるのです!

毎回大量に買い占めていたら、店員さんにロット買いを勧められました。ええ、買いましたとも。

 

熊本地震の前震後、とりあえず飲み物をと冷蔵庫を開けたら大量のドクターペッパーしかなくて、

原付きのメットケースに詰めれるだけ詰めて走り回ったのはいい思い出です。

前震直後、市役所の職員さんに差し入れとして渡したら、

「市民に優先して飲料を渡してたから自分が飲めるのはドクターペッパーしかなかった。ぬるくなったドクターペッパーで耐え忍んだ」

と数ヶ月経って言われたのはなんか、もう申し訳なかったです。

震災のあと引っ越して、近所にドラモリが無いのが辛いです。

たまにドクターペッパーだけ買いに行ってます。

 

いや、本当なにくだらない記事書いてるんだって話なんですけど、

ダイヤモンドガラナも、ドクターペッパーも大好きなんです。

もっと手軽にコンビニとかで手に入るようになれば良いのになあ。

誰か熊本市内で売ってある場所知っていたら教えてください。

 

あ、ちなみにアマゾンアソシエイトは登録してないので

この記事から購入しても私には一銭も入りません!

でも、美味しいので興味のある方はぜひ買ってみて下さい。

(そして私にも分けて下さい)